2012年9月15日土曜日

音楽 : 間章著作集 時代の未明から来たるべきものへ


間章著作集 時代の未明から来たるべきものへ

間章 著 高橋巌 解説 イザラ書房 1982年 初版 ハードカバー 函付 613ページ サイズ: 223×158mm

フリー・ジャズを中心に音楽評論家として活動していた間章の著作集。

「間章にとってのジャズとは、形式や解説の問題ではなく、「一つの意思による行為の選びとりと、その持続でもあり、又思想」に他ならなかった。……」(解説 高橋巌)

函に記された抜粋目次:

フリー・ジャズ黙示録
解体と非連続の系譜
フリー・ジャズ運動とその展開
ジャズの"死滅"へ向けて
季節の迷路から
ジャズの末路への考現学
非在へ向かう虚の穴
排中律ピアノ論/ピアノ解体学
異化のギター
アルト・サウンドの負性
声とテクネー/サックス演法の探求
ピアノの権力と強制
「破壊」と「受肉」―ギタリストの系譜
アルバート・アイラーの「サマータイム」をめぐって
ロックにおける<十九世紀>の復権
アナーキーな地平 デレク・ペイリーの示すもの

2012年9月11日火曜日

美術 : 永田耕衣-書画


書籍 : 田村隆一の詩集









美術 : ドロシア タニング





美術 : イヴ・タンギー版画カタログレゾネ








【限定1000部・記番入】「1976年・独刊 イヴ・タンギー版画カタログレゾネ」 【YVES TANGUY: DAS DRUCKGRAPHISCHE WERK / L'OEUVRE GRAVE / THE GRAPHIC WORK】

限定1000部内・第308番本/(プラスティックジャケット付属・布装ハードカバー(*タイトルエンボス加工))/テクスト:Wolfgang Wittrock / Stanley W. Hayter(アトリエ17/パリ)/1976年・Wolfgang Wittrock, Dusseldorf, GERMANY(ドイツ)発行/全64頁(*収録作品=全32図版・内カラー3図版)他、バイオグラフィー・写真資料図版収録/サイズ:縦27,3cm×横21,4cm、本厚0,9cm/テキスト言語:英・独・仏・併記。

1976年にドイツ・デュッセルドルフで行われた『YVES TANGUY: DAS DRUCKGRAPHISCHE WERK / L'OEUVRE GRAVE / THE GRAPHIC WORK』展の際、刊行されたカタログ。タンギーの1932年から1956年迄に制作された版画作品を網羅して収録。タンギーが生涯制作した版画作品は30点程度と非常に少ない。それらの作品「ほぼ全てを総覧する事の出来る稀有なカタログレゾネ。タンギーの版画作品の大多数を手掛けた、パリの版画工房「アトリエ17」のスタンリー・W・ヘイターがテクストを執筆。作品データも詳細に併録されており、タンギーの版画作品を知る上では「必須の1冊」。

2012年9月9日日曜日

書籍 : 吉増剛造の詩集





書籍 : 松浦寿輝第の詩集(最初期3冊)




松浦寿輝第一詩集 ウサギのダンス
1982年 七月堂
初版 函付 吉岡実解説付

松浦寿輝第二詩集 冬の本
1987年 青土社
初版 函・帯付

松浦寿輝第三詩集 女中
1991年 七月堂
初版 函・帯付

書籍 : 吉増剛造-出発(第一詩集)